<< 防音二重床 模型作り >>

解体

設計が終了。
工事金額と業者が決定。
マンション管理組合や近隣へ手続きが終わり、ようやく着工です。
短い期間でここまで来るには施主さんはじめ工務店さんや管理人さんの協力あってのことです。
解体_e0166543_18293335.jpg
完全なスケルトン状態まで解体しました。
こうしてみるとマンションの構造はオッと思うくらいに梁スパンを大きく飛ばす割りに低くて窓も南以外は少ないので、洞穴のようなもの。

ここまでにして一から作り直すのはリフォームというよりリニューアル。
このマンション内ではこのような工事は初めてという話もあり、工事中の騒音や振動による近隣へ負担が一番の気がかりです。
なるべく音の出ない方法で施工をし、どうしても大きな音の出るときは前もってお知らせをする。
そんな中で現場監督さんと近所の方々との信頼関係を作るように心がけるしかありません。
私たちとしては監督さんの気配りと人柄に頼ることになります。

だから建築屋さんの選定がとても大切。
by takahashi-sekkei | 2011-10-08 18:51 | Nヒルズ 中古マンションリノベーション
<< 防音二重床 模型作り >>